仮想通貨技術で小切手決済 三菱UFJと日立
アジアで展開

2016/8/22 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

三菱東京UFJ銀行と日立製作所は近く、シンガポールでフィンテックを活用した金融システムの共同開発に乗り出す。2018年にもブロックチェーンと呼ばれる仮想通貨技術で電子小切手を決済できるようにする計画だ。邦銀はフィンテックで米欧に出遅れ気味とされるが、地理的に強いアジアで金融インフラ輸出の攻勢をかける。

メガバンクや日本の大手メーカーによるフィンテック事業の海外展開は初めて。2社はすでにシステムの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]