NISA口座1000万超 開始2年余、衰えぬ投資意欲
若年層への裾野拡大が課題

2016/3/21 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

少額投資非課税制度(NISA)の利用者が2015年度内に1000万人を突破する見通しだ。大手銀行や証券会社の主要14社で1~2月に口座を開設した人は11万4000人で、地方銀行なども含めると累計998万人を超えた。年明けの円高・株安でも個人の投資意欲は衰えていない。貯蓄から投資の流れを後押しするには若年層への裾野拡大などが課題になる。

日本経済新聞社が大手銀4行、大手・ネット証券10社を対象にN…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]