/

この記事は会員限定です

地銀、相次ぎ本店建て替え 統合と一線などアピール

[有料会員限定]

地方銀行が経営戦略の一環として、本店の建て替えに乗り出している。相次ぐ地銀の再編と一線を画すことをアピールして顧客のつなぎ留めを狙ったり、証券も含めた資産運用サービスの充実を狙ったりする動きがある。日銀が導入したマイナス金利で収益機会が減る中で、各行は新たな本店を拠点にビジネスモデルを再構築しようとしている。

東北・北関東への玄関口、JR大宮駅。駅近くにある武蔵野銀行本店(さいたま市)は1969年に竣工したレン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り888文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン