/

この記事は会員限定です

政投銀、宇宙ビジネスに融資枠 3年で1000億円

[有料会員限定]

日本政策投資銀行は宇宙ビジネスを対象にした投融資を始める。今後3年間で1000億円規模の資金枠を確保し、ベンチャー育成などを支援する。政府は2030年代の早い時期に市場規模を2倍の2兆4000億円前後に増やす目標を掲げており、産業活性化を金融面から後押しする。

政投銀は宇宙航空研究開発機構(JAXA)と包括提携し、投融資に必要な最新技術動向などノウハウの獲得をめざす。

宇宙産業はロケットや衛星の開...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り281文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン