/

全銀協会長、マイナス金利「プラス影響、多くない」

全国銀行協会の国部毅会長(三井住友銀行頭取)は19日の記者会見で、マイナス金利政策導入から2月で1年となるのを前に「実体経済へのプラス影響はまだ多くは生まれていない」と語った。「残念ながら(マイナス金利は)継続するのではないか」として、収益環境の悪化が長期化することへの懸念を示した。

国部会長はマイナス金利について「企業の資金調達コストの低下、超長期の社債の発行などプラス効果があった」と説明。一方で「1年近く経過したが、企業の資金需要の動きは盛り上がりを欠く」とも指摘した。

みずほフィナンシャルグループ三井住友トラスト・ホールディングスが資産管理業務を統合するとの報道には「資産管理業務はスケールメリットが大きく働く業務。マイナス金利下ではこういう統合もあり得る分野だ」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン