/

この記事は会員限定です

三菱UFJ信託、UBS資産管理事業を買収へ 世界7位に

[有料会員限定]

三菱UFJ信託銀行はスイスに本拠を置く欧州金融大手UBSの資産管理事業を買収することで最終調整に入った。管理するファンドの資産残高は買収によって2600億ドル(約32兆円)に達し、世界7位へと浮上する。ファンドの資産管理業務はヘッジファンドの台頭などでここ数年、2ケタ台の伸びが続く成長分野。欧米勢が独占する市場にM&A(合併・買収)で風穴を開ける。

銀行の資産管理事業は運用会社などから有価証券の保...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り931文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン