大卒初任給3年連続増 16年、小規模企業が伸び

2016/11/17 20:07
共有
保存
印刷
その他

 厚生労働省が17日に発表した2016年の賃金構造基本統計調査によると、大学卒業者の初任給は20万3400円で、前年と比べて0.7%増えた。増加は3年連続。人手不足や採用難を背景に、特に小規模企業で伸び幅が大きかった。

 学歴別では大学院修士課程修了者が前年比1.3%増の23万1400円となった。高専・短大卒、高校卒でも初任給が前年を上回った。

 企業規模別にみると、大卒では大企業(従業員1000人以上)が0.8%増の20万6900円、中企業(同100~999人)が横ばいの20万1100円だった。一方で小企業(10~99人)は2.2%増の19万9100円だった。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

政府統計厚生労働省

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 23日 23:00
23日 22:30
東北 0:00
23日 23:00
関東 2:00
0:00
東京 23日 23:00
23日 23:00
信越 0:01
0:00
東海 2:00
2:00
北陸 2:00
1:30
関西 6:00
2:00
中国 2:00
2:00
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
2:00
23日 22:05

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報