/

この記事は会員限定です

三井住友、カンボジア最大手銀の筆頭株主に 100億円強出資

[有料会員限定]

三井住友銀行は9月にも、カンボジア最大手のアクレダ銀行に資本参加して筆頭株主になる。邦銀大手が同国の銀行に出資するのは初めてで、100億円強を投じて発行済み株式の12.25%を取得する。同国は製造業を中心に日本企業の進出が増えている。インフラ投資などの資金需要も伸びると見込み、東南アジア事業の足場を広げる。

三井住友銀はアクレダ銀の既存株主である世界銀行グループの国際金融公社(IFC)から株式を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り385文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン