/

根岸生保協会長、追加緩和「慎重に検討を」

生命保険協会の根岸秋男会長(明治安田生命保険社長)は16日の記者会見で、来週開かれる日銀金融政策決定会合について「追加緩和の必要があるか慎重に検討してほしい」と述べた。2月に始まったマイナス金利政策は「(運用利回りの低下で)退職給付債務の増加や消費マインドに悪影響が出るなど副作用が大きかった」と指摘した。

生保各社は国債利回りの低下で運用難が続き、契約時にまとまった保険料を納める貯蓄型保険の販売をやめたり、保険料を引き上げたりしている。根岸会長は「現在の金利水準が続けば毎月支払うタイプの保険も(販売が)難しくなる」と懸念を示した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン