夏のボーナス、84.3万円で9年ぶり高水準 厚労省

2016/9/16 19:02
保存
共有
印刷
その他

厚生労働省は18日、大企業の2016年の夏季一時金(ボーナス)の妥結状況をまとめた。平均妥結額は84万3577円で前年に比べ1.36%増えた。過去最高だった07年夏以来9年ぶりの高い水準となった。ただ増加幅は前年の約4%に比べて縮小しており、賃上げは勢いを欠いている。

調査は資本金10億円以上かつ従業員1000人以上の企業。妥結額が把握できた374社を対象にまとめた。前年を上回るのは4年連続となった。

業種別で最も伸び率が高かったのはサービスの15.90%で、妥結額は59万7857円だった。電力・ガスの15.6%増が続いた。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]