/

この記事は会員限定です

地域活性化ファンド続々 湯河原の旅館や佐原の古民家

[有料会員限定]

地域活性化に取り組む投資ファンドが相次いで始動している。地域経済活性化支援機構(REVIC)と横浜銀行が共同で設立した「かながわ観光活性化ファンド」は、このほど第1号案件に5億円規模の投資を実行した。投融資案件は全国的に増えており、規模も大きくなっている。

かながわファンドは15日、神奈川・湯河原の老舗旅館、富士屋旅館合同会社に投資を実行した。投資に合わせて横浜銀も約5億円を融資し、現在は稼...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り198文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン