/

この記事は会員限定です

新潟と東京の3信組が連携 食材の販路開拓支援

[有料会員限定]

新潟と東京の信用組合が遠隔地同士で初めて取引先支援で手を組む。第一勧業(東京・新宿)と塩沢(新潟県南魚沼市)、糸魚川(同県糸魚川市)の3信組が業務連携協定を結ぶ。魚沼産コシヒカリやキノコといった新潟食材を都内の飲食店に紹介するなど、生産者と消費地を直接結ぶ販路をつくる。

15日に発表する。地方の企業が東京に販路を求める動きが広がっているが、取引する地元の信組は支援のノウハウが乏しい。第一勧業信組は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り212文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン