/

この記事は会員限定です

トランプ時代、メガ銀には吉か凶か 規制緩和など焦点

[有料会員限定]

ドナルド・トランプ次期米大統領はメガバンクに"吉"をもたらすか、それとも"凶"か。過激な公約を掲げて当選した異例の新政権だけに、邦銀への影響は読みづらい。三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)など3メガバンクの4~9月期決算が集中した14日、各トップからは期待と不安の間で揺れ動く声が聞かれた。焦点は3つ。規制緩和、財政刺激策、保護主義だ。

「矛盾した内容になっている」。三菱UFJフィナンシャル・グループの平野信行社長はトラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り949文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン