/

この記事は会員限定です

地銀協、マイナス金利警戒 会長「大変厳しい」

[有料会員限定]

全国地方銀行協会の中西勝則会長(静岡銀行頭取)は14日、定例記者会見で日銀マイナス金利政策について「地銀にとって良いことはない」と指摘した。マイナス金利の深掘りが取り沙汰されるなかで、地銀の警戒感がにじんだ。

「我々にとって大きなインパクトだ。全体最適でこうした政策を打たれているが、部分最適で言えば、大変な思いをしている」。中西会長は、マイナス金利導入半年の受け止めを聞かれた冒頭質問に対し、率直な思いを吐露...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り312文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン