/

この記事は会員限定です

「天引きNISA」の指針作成へ 現役世代を取り込み

[有料会員限定]

銀行や証券会社は会社員が給与天引きで少額投資非課税制度(NISA)口座に投資する際の共通指針をつくる。社員のために天引きNISAを導入したい企業に対し、提供する投資信託や社員向けにどのような投資教育が必要かを示す。NISAの利用者は20~30代では8%と少ない。金融機関が企業の福利厚生の一つとして売り込み、現役世代を取り込む狙いだ。

日本証券業協会が中心になって天引きNISAの素案をまとめた。近く...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り576文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン