/

この記事は会員限定です

外国株の取り扱い広がる NISA活用も

(更新) [有料会員限定]

証券各社が個人向け外国株取引のサービスを相次いで拡充している。取り扱う銘柄数を拡大するほか、日本語リポートや専門のセミナーを増やすなどして提供する情報を充実させ、海外投資のハードルを低くする。海外の証券会社と提携し、海外市場の情報網を広げる動きも活発だ。日本株が活況だが、世界的な株価上昇で拡大する個人の分散投資ニーズに応える。

外国株は個人投資家が自ら入手できる情報量が日本株に比べると圧倒的に少な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り820文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン