/

この記事は会員限定です

サイバー攻撃保険を拡充 IoT機器対象に

損保各社、休業補償も

[有料会員限定]

損害保険大手がサイバー攻撃などによる被害を補償する「サイバー保険」に力を入れている。東京海上日動火災保険はあらゆるモノがネットにつながるIoT機器が攻撃対象になっているのを踏まえ、補償対象に加えた。損害保険ジャパン日本興亜は補償の範囲を拡大、三井住友海上火災保険は加入手続きを簡単にするなどして、販売拡大をめざす。

東京海上は1月から、サイバー保険の補償の対象に制御機器や監視機器といったIoT機器を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1036文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン