/

三井住友海上あいおい生命、顧客情報75万件紛失

損害保険大手のMS&ADグループの三井住友海上あいおい生命保険は13日、個人と法人で計75万4547件の顧客情報と1万2584件の代理店情報を収録したCD―ROMを紛失したと発表した。顧客情報には氏名や保険料などの保険契約に関する情報が含まれ、住所や電話番号などの個人情報は含まない。CD-ROMを誤って廃棄した可能性が高いという。

同社はデータが暗号化処理されているため第三者の読み取りは難しく、顧客情報の不正使用も確認されていないとしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン