2018年6月18日(月)

巨大銀に新資本規制 G20、16~20%で合意へ

2014/9/14付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 国際展開する巨大銀行の資本規制が一段と強化される。20カ国・地域(G20)は銀行の貸し出しなど資産に対する自己資本の最低比率を現行の2倍近い16~20%に引き上げる。資本を厚くして万が一、経営危機に陥っても税金を投入せず破綻を回避するねらいだが、貸し出しなどは抑制される懸念がある。日本のメガバンクも10兆円規模の新規調達が必要になる可能性がある。

 G20を中心とする各国監督当局が参加する金融安定…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワード



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報