/

三菱東京UFJ銀、サウジに支店開設へ メガバンク初

2018年にも

三菱東京UFJ銀行が2018年にも中東のサウジアラビアに支店を設立する見通しになった。当局に認可を申請しており、近く取得できるもようだ。メガバンクのなかでサウジへの支店進出は初めて。原油など資源の開発やインフラ整備で資金需要が見込まれると判断した。

支店は首都のリヤドに新設する計画だ。三菱UFJはこれまで中東業務をアラブ首長国連邦(UAE)のドバイ支店で行っており、近年はイスラム金融などに対応した取引を拡大していた。

サウジアラビアは世界有数の産油国で、最近ではインフラ関連の設備投資も活発になっている。国内企業も進出が増えており、三菱UFJは現地で拡大する資金需要に備えるため現地拠点の新設を計画していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン