/

この記事は会員限定です

熊本バス、地域支援機構傘下で再建 国が県内3社すべて救済

[有料会員限定]

政府系ファンドの地域経済活性化支援機構は熊本県内の大手路線バス会社、熊本バス(熊本市)の再建支援に乗り出す。人口減少にもかかわらず業者が乱立し、採算が悪化していたが、業界再編ではなくファンド傘下での再建を選ぶ。これで熊本県内の大手路線バス3社はすべて国の救済を受けることになる。

地域支援機構が13日、発表する。熊本バスは2014年3月期に債務超過になり、主力の熊本第一信用金庫と肥後銀行に債権放棄を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り339文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン