健康器具に保険、高齢者を見守り 東京海上

2017/1/11 19:51
保存
共有
印刷
その他

東京海上日動火災保険は11日から、磁気を使った健康器具を販売するコラントッテ(大阪市)と連携し、ペンダント型の健康器具と損害保険を組み合わせた高齢者の見守りサービスを始めた。認知症で場所がわからなくなったり、急病や事故で倒れたりした際にペンダントに刻印された電話番号に連絡すると、コールセンターを通じ、緊急連絡先に伝わる仕組み。

1万8000円支払うと、ペンダントに交通事故傷害保険と個人賠償責任保険特約が付いてくる。保険金支払額は傷害保険が最大100万円、特約が最大3億円。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]