/

三菱UFJ・みずほ、人民元決済網との接続を発表

三菱東京UFJ銀行とみずほ銀行は11日、中国人民銀行が導入した人民元の国際決済システム「CIPS」に接続したと正式に発表した。中国大陸と直接決済できるようになるため、取引の効率化につながる。2メガバンクはモノやサービスの売買に伴う企業の資金決済だけでなく、M&A(合併・買収)の資金決済や証券売買などへの活用も増やしたい考えだ。

新システムの正式名称は「人民元クロスボーダー決済システム(CIPS)」。中国当局が2015年10月に稼働させたが、米欧の外国銀行が中心で邦銀はこれまで参加できていなかった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン