/

この記事は会員限定です

みずほ、資産運用巡り責任指針策定

[有料会員限定]

みずほフィナンシャルグループは投資信託など資産運用商品の開発や販売で負うべき責任に関する指針をつくった。手数料の透明性を高めたり、顧客の要望にあわせて商品の品ぞろえを増やしたりする。グループの銀行や運用会社は指針に沿った行動計画を公表する。資産運用業務が顧客の目線で適正か点検して、貯蓄から投資の流れを後押ししたい考えだ。

金融庁は資産運用に関する幅広い責任を意味するフィデューシャリー・デューティ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り200文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン