2019年7月17日(水)

被災地マネー動かず 銀行預金に22兆円、5年で3割増

2016/3/11 0:42
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東日本大震災の被害が大きかった岩手、宮城、福島の3県の預金が増えている。2015年末の残高は3県合計で約22兆円と11年3月末から34%増えた。国の復興交付金や東京電力福島第1原子力発電所事故の賠償金、保険金、寄付金などが預金口座に積み上がった。預金を事業などに回す動きも出始めたが、復興に弾みがつくかは今後の課題になる。

日銀の統計によると、同期間の全国の預金増加率は13%で、3県の預金の伸びは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。