/

この記事は会員限定です

第一生命・渡辺社長「M&A、北米・アジア軸に」

[有料会員限定]

第一生命保険の渡辺光一郎社長は日本経済新聞の取材に応じ、「2020年に向けて連結純利益を3000億円まで伸ばしたい」と語った。北米とシンガポールに設けた地域統括会社へM&A(合併・買収)の権限を下ろし、機動的に企業買収できる体制を整える。グローバル経営を加速し、仏アクサや独アリアンツなど世界大手に続く利益水準をめざす。

第一生命の15年3月期の純利益は前の期比83%増の1424億円で、10年の株式...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り578文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン