/

この記事は会員限定です

三井住友カード、販促や与信管理にAI導入

[有料会員限定]

三井住友カードは4月から販促やクレジットカードの与信管理にAI(人工知能)を導入した。システム開発を手掛ける新日鉄住金ソリューションズ(NSSOL)と連携。カード利用者の属性や決済データを分析し、顧客のニーズに応じた割引などの販促に生かすほか、カードの与信枠の設定などにもAIを活用する。

NSSOLが提供する米データロボットのAIを導入する。例えば三井住友カードのポイントサイトを使い、AI...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り184文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン