/

この記事は会員限定です

「争続」、信託で防げ 資産把握や遺言づくりを代行

[有料会員限定]

家庭裁判所には相続を巡り、年10万件を超す相談が寄せられる。親兄弟でも遺産の配分に対する不満が噴き出し、「争続」になるケースが後を絶たない。金融業界では、こうした事態を防ぐニーズがあるとして、遺言づくりや遺産の配分などを代行する信託ビジネスに脚光が当たっている。

ホケン――。預金通帳の引き出し記録に記された3文字を、みずほ信託銀行で遺産整理業務を担う坂本彩乃さんは見逃さなかった。「かんぽ生命保険に入っていた可能...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り795文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン