/

ラップ口座残高、最高の6.9兆円 6月末

日本投資顧問業協会は7日、投資家が金融機関に運用を一任する「ラップ口座」の資産残高が2017年6月末で6兆9272億円になったと発表した。3月末に比べ約5%増え、過去最高を更新した。株式市場では日経平均株価が2万円を回復した局面で、運用成績が改善した影響が大きかった。

6月末の契約件数も59万835件と過去最高を更新し、3月末に比べて5%伸びた。個人投資家の新規マネーも残高増に寄与。低コスト投信やロボット・アドバイザーの登場など「投資家の選択肢が増えるなかで、ラップ口座を選ぶ層は限られてきた」(楽天証券経済研究所の篠田尚子氏)との声が聞かれた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン