/

この記事は会員限定です

明治安田や日生、外債投資を見合わせ 足元の円安受け

[有料会員限定]

足元の円安・ドル高を受け、生命保険会社が外国債券への投資を見合わせている。円安時に外債を買えば、将来の円高局面で評価額が下がるおそれがあるためだ。急ピッチで進む円安が生保の運用計画に影響を及ぼし始めている。

これまで生保は日本国債を運用の主軸に据えてきたが、日銀の大規模な金融緩和で国内の金利水準が低下。契約者に約束した利回りの確保が難しくなっているため、少しでも高い利回りが期待できる外債投資を増や...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り417文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン