明治安田や日生、外債投資を見合わせ 足元の円安受け

2015/6/6付
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 足元の円安・ドル高を受け、生命保険会社が外国債券への投資を見合わせている。円安時に外債を買えば、将来の円高局面で評価額が下がるおそれがあるためだ。急ピッチで進む円安が生保の運用計画に影響を及ぼし始めている。

 これまで生保は日本国債を運用の主軸に据えてきたが、日銀の大規模な金融緩和で国内の金利水準が低下。契約者に約束した利回りの確保が難しくなっているため、少しでも高い利回りが期待できる外債投資を増…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 10:46
2:00
関東 2:00
2:00
東京 2:00
2:00
信越 1:00
1:00
東海 14:00
13:06
北陸 12:00
2:00
関西 2:00
2:00
中国 10:50
10:30
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
11:06更新
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報