/

日生、国内初の不妊治療保険

出産時には祝い金も

日本生命保険は5日、不妊治療にかかる費用を保障する保険の取り扱いを10月に始めると発表した。体外受精か顕微授精を受けた際に給付金を最大12回受け取れ、出産時には祝い金が出る。16~40歳の女性が加入でき、保険料は月1万円前後とした。不妊治療に対応する保険は国内初という。

がんや脳卒中に備える医療保険に盛り込んだ。卵子を採取するための排卵誘発には公的医療保険が適用されるが体外受精や顕微授精の「特定不妊治療」は対象外。1回あたりの患者負担は30万~40万円程度と高額で、経済的な負担感が大きい。

最大12回出る給付金は1回につき5万~10万円。出産時の祝い金は1人目の10万円から徐々に増え、5人目以降になると100万円受け取れる。給付金の不正取得を防ぐため、加入から2年以内の不妊治療と1年以内の出産は対象外となる。

金融庁は4月に保険業法の施行規則を改め、不妊治療にかかる費用を保障する保険商品の取り扱いを解禁していた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン