/

この記事は会員限定です

公的年金、3四半期ぶり運用益 7~9月

[有料会員限定]

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が運用する約130兆円の公的年金の7~9月期の運用成績がプラスに転換した。株価が上昇したことが主な背景。運用益を計上するのは2015年10~12月期以来3四半期ぶりとなる。

野村証券の西川昌宏チーフ財政アナリストの試算によると、GPIFの7~9月期の運用益は1兆8千億円だった。国内株と外国株でそれぞれ2兆円、5300億円の運用益を計上した。

一方で外国債...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り401文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン