/

この記事は会員限定です

旧みずほ銀本店と銀行会館ビルを一体再開発 900億円投資

[有料会員限定]

東京都心の丸の内地区にあるみずほ銀行の旧本店(旧日本興業銀行本店)ビルと全国銀行協会が保有する銀行会館ビルは、2020年の完成を目指して900億円規模を投資して一体再開発する方針だ。所有者の三菱地所と全銀協が計画づくりを始めた。丸の内・大手町地区は大手銀行が相次ぎ本店を移転して跡地の再開発が進んできたが、今回で一巡する。

みずほ銀旧本店は三菱地所の特別目的会社(SPC)が保有しており、もともとは旧...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り219文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン