/

この記事は会員限定です

預金口座の不正利用疑い最少 16年度

[有料会員限定]

金融庁が振り込め詐欺などで不正に利用された疑いがあるとして預金口座の情報を金融機関や警察当局に情報提供した件数は、2016年度で492件に上った。調査を始めた03年度以来で最少で、金融機関の本人確認の徹底で不正な口座開設が減ったという。一方で「おれおれ詐欺」など特殊詐欺は高止まりで、現金の手渡しや郵送など手口が巧妙化している。

最も多...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り169文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン