/

日本公庫が初の黒字 16年3月期、純利益505億円

日本政策金融公庫が2日発表した2016年3月期決算は純利益が505億円と、08年の発足以来初めて黒字になった。前の期は1347億円の赤字だった。景気回復で中小企業の倒産が減り、信用保険業務の収支が改善したことが寄与した。

日本公庫は全国の信用保証協会が中小企業の借入債務を保証する際に、保証協会と保険契約を結び、企業が倒産した場合には保証協会に保険金を支払う。東京商工リサーチの調査によると15年の倒産件数は8600社と日本公庫の設立以来最も少なく、日本公庫が支払う保険金も前の期に比べ733億円減った。

保険引受残高が減ったため、保険金の支払いに備えて積む保険契約準備金の戻入額も1296億円計上した。貸出金残高は3月末時点で18兆3000億円と15年の同期に比べ7%減った。危機対応円滑化融資が減少した。

熊本地震による融資や返済の相談件数が5月末までに3854件あったことも明らかにした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン