/

SMBC信託の新ブランド営業開始 「富裕層ビジネス拡大」

(更新)

三井住友銀行子会社のSMBC信託銀行は2日、米シティグループの日本の個人向け銀行事業を統合して設立した新ブランド「プレスティア」の営業を始めた。個人の外貨預金残高は約1兆円と邦銀で最大規模になる。

同日記者会見したSMBC信託の古川英俊社長は「邦銀にはないグローバルな商品や洗練されたサービスを維持し、富裕層ビジネスを拡大する」と語った。グループの三井住友銀、SMBC日興証券とも「相互に顧客を紹介し、サービスを提供する」と述べ、顧客基盤の拡大に意欲を示した。

シティ日本法人のシティバンク銀行の全国約30店をプレスティアの店舗に衣替えした。SMBC信託はプレスティア事業部門を新設しシティ銀の約1540人の社員を継続雇用。約72万人いる個人顧客の応対に当たる。

シティ銀が扱っていた外貨預金や外貨建て投資信託などの運用商品、海外に約200万台あるシティATM(提携先含む)での現金引き出しなどのサービスも原則すべて引き継いだ。シティ時代からの継続性を重視し、顧客離れを防ぐ。外貨建ての投信や保険の取り扱いも順次拡大し新規顧客を開拓する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン