/

商工中金、元請け業者向けに独自貸付制度

商工組合中央金庫は1日、下請け業者との取引改善に取り組んだ元請け業者向けに独自の貸付制度の取り扱いを始めたと発表した。取引条件の改善でコストが増加した元請け業者が対象で、満期に一括して元金を返済できるようにして企業の資金繰りを支える。

貸し付けの対象は取引条件の改善に取り組むことで資金負担の増加が見込まれる元請け業者で、取引コストが1億円以上増加する企業など。7年以内の貸し出しは満期に一括返済ができるようにする。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン