/

この記事は会員限定です

嵐は去ったか 世界同時株安、反発の条件は

[有料会員限定]

中国発の嵐が世界を襲った。相場は乱高下し、日経平均株価は8月24日に2年3カ月ぶりの下げ幅となった後で26日には今年最大の上げ幅を記録、1週間でみれば安値から8割戻した。だが、嵐は本当に去ったのか。

「黒色星期一(ブラックマンデー)」──。上海総合指数が8年ぶりの下落率を記録した24日、「台風の目」の中国では国営新華社が世界同時株安をそう表現した。「我々は深刻な事態の始まりに立っているのかもしれな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1356文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン