/

この記事は会員限定です

大家300万人時代 不動産投資に駆り立てる変化

[有料会員限定]
サラリーマン大家急増、過熱する不動産投資。その実態を専門家と日経ヴェリタス編集長が解説(日経CNBC)

サラリーマン大家急増、過熱する不動産投資。その実態を専門家と日経ヴェリタス編集長が解説(日経CNBC)

「物件を案内しましょう」。男性はポルシェを飛ばし、札幌市内のアパートに向かう。築50年と年季が入っているが、ほぼ満室。次は市内中心部「大通公園」近くの物件へ。こちらは11階建ての高級マンション。7億円を投じて新築した。

家賃収入年6億円

男性の名は佐藤元春さん(39)。札幌を中心に40棟近い賃貸物件を保有する「メガ大家」だ。家賃収入は年6億円近く。借入金の返済などを差し引いても2億円を稼ぎ出す。

資産家だったわけでは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1352文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン