/

この記事は会員限定です

「100グラム」小口化に光 マイナンバー提出不要に

[有料会員限定]

昔の映画やドラマでは財産隠しの手段として使われる場面も多かった金だが、税務当局による「包囲網」は着実に狭まっている。2012年1月から投資家が1回で200万円を超える地金を売却した際、買い取った地金取扱店が税務署に売り主の名前などを記した「支払調書」を提出することが義務付けられた。そして、今年からはその支払調書にマイナンバーの記載も求められるようになったのだ。

税理士の福田真弓氏は「マイナンバーで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り505文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン