原油安で異変 世界の「メガファンド」勢力図
産油国に逆風、新興国の年金基金など台頭

(1/2ページ)
2015/1/20 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

原油1バレルあたり10ドルの下落で700億ドル(8兆2000億円強)の経常黒字が吹き飛ぶ──。

米バンクオブアメリカ・メリルリンチのサリバ氏が昨年12月のリポートで、サウジアラビアやアラブ首長国連邦(UAE)など湾岸協力会議(GCC)6カ国について示した試算だ。

産油国は歴史的な原油高を追い風に年間数千億ドルの経常黒字を稼ぎだし、傘下の政府系ファンド(SWF)などを通じて巨額の「ペトロダラー」を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]