/

この記事は会員限定です

タックスヘイブン 個人も企業も パナマ文書で注目、その実態は

[有料会員限定]

企業も、大統領もみんなタックスヘイブンを使っていた──。世界に衝撃を与えたパナマ文書。日本人には縁遠いと思われがちだが、実は資産運用などで一般個人にも関わる身近な存在だ。その実態とは。

脱税の隠れみのにも

「米銀の取引記録に『パナマ』とあるが大丈夫か」「自分の名前は公表されるのか」。国際税務に詳しい税理士には日本の富裕層から相談が寄せられている。きっかけは各国首脳らとタックスヘイブン(租税回避地)の取引を暴露した「パ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4372文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン