/

この記事は会員限定です

国債も住宅ローンも マイナス金利が変える世界

行き場失うマネー、先進国株に流入

[有料会員限定]

欧州中央時間午後4時(日本時間午前0時)。この時間になると、北欧の小国の中央銀行に市場の注目が集まる。視線の先はデンマーク国立銀行だ。1月中旬以降4回の利下げを実施。先週は見送られたが、金融機関が中銀に預ける余剰資金に付く金利はマイナス0.75%で、世界最低のスイス国立銀行に並ぶ。

そのデンマークの住宅ローン市場で異変が起きている。大手銀行グループのノルデア・クレジットが、住宅ローンにマイナス金利...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1348文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン