/

この記事は会員限定です

世界が見つめるTOKYO2020 大改造の青写真

[有料会員限定]

9月のある週末、十数人の外国人を乗せたバスが東京都心部を回った。観光ツアーではない。企画したのはメリルリンチ日本証券で、参加者は欧米やアジアから来日したファンド勢などの投資家だ。バスが向かったのは品川、虎ノ門、渋谷、湾岸など再開発が着々と進む"東京大改造"の現場。同証券で日本株営業を統括する岡本ゲーリー氏は「2020年の東京五輪開催決定後、再開発を実際に見たいという外国人投資家が増えた」と話す。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1470文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン