/

この記事は会員限定です

AI投資、人に勝つ日 深化する学び、市場の未来図一変も

[有料会員限定]

今月6日、米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長の発言を受けて為替や株価が大きく動き、市場関係者が対応に追われていたそのころ。人工知能(AI)を使う米著名ヘッジファンド、ツーシグマのデビッド・シーゲル共同会長はニューヨークのSOHO地区にあるオフィスで、日経ヴェリタスの取材に涼しい顔で応えていた。

「伝統的なファンドマネジャーはFRB関係者の発言を予想して、ポジションをつくる。でも本当にそれをう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1294文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン