/

この記事は会員限定です

人手不足がサービス業を変える 生産性革命に勝機

受け取りロッカーや無人飛行機活用

[有料会員限定]

2014年末、日本郵政傘下で郵便事業を手掛ける日本郵便の経営陣に重い空気が漂った。同年4~9月期の営業損益が365億円もの赤字。前年同期から赤字幅が300億円超拡大した。日本郵政の9月上場を控え、業績に敏感になっていた矢先だった。

「雇ってもすぐ辞める」

赤字拡大の要因のほとんどは宅配ドライバーらの人件費増加だった。「人を募っても集まらない、高い時給で雇ってもすぐ辞め、一向に効率が上がらない……」(鶴田信夫執行役員)

日本...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1334文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン