/

この記事は会員限定です

日本株「適温」に試練 トランプリスク再燃、揺れる市場

[有料会員限定]

「再び流出超に戻ってしまった。大統領選が土壇場でこれほど混迷するなんて」。米国最大級の日本株上場投資信託(ETF)を運用・販売するウィズダムツリー・ジャパンの渡辺雅史ETFストラテジストは肩を落とす。「ウィズダムツリー・ジャパン・ヘッジド・エクイティ・ファンド」は米機関投資家や個人が為替ヘッジしながら日本株に投資するツールとして有名だ。秋口から資金流出が緩やかになり、10月末まで4日連続の流入超に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1405文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン