/

この記事は会員限定です

広がる「スマホ投資家」 ネット証券が争奪戦

投資情報通知、LINE対応…サービス競う

[有料会員限定]

インターネット証券各社がスマートフォン(スマホ)など携帯端末を使って株式や投資信託を売買する投資家向けのサービスを強化している。投資家が指定した銘柄の株価やニュースを自動的に携帯端末に配信したり、無料対話アプリ「LINE」上での注文を可能にしたりと、あの手この手。携帯端末経由の取引が急激に拡大していることが背景にある。

取引にスマホ活用する投資家増える

楽天証券は1月24日、日本株取引用アプリ「iSPEED」に、投資情報を自動通知...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1299文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン