「フラット35S」金利優遇幅0.6%に拡大 政府検討

2014/11/1付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は景気を下支えする経済対策として、長期固定型の住宅ローン「フラット35S」の金利優遇幅を来年1月から広げる検討に入った。優遇幅を現在の0.3%から0.6%程度とする案が有力。今年度補正予算に700億円程度を計上する方向だ。個人消費をてこ入れするため、低所得者向けの現金給付やクーポン券を配布する案も出ている。

検討しているのは、省エネ性能や耐震性が優れた住宅を対象にした「フラット35S」の金利…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]