/

石破氏「退位恒久化へ皇室典範改正を」

自民党の石破茂前地方創生相は31日、天皇陛下の退位に向けた法整備について「厳格な要件の下、恒久的に生前退位を認めるべく皇室典範を改正することが至当だ」との意見書を執行部に提出した。特例法により今の天皇に限って退位実現を目指す政府方針について「憲法に抵触する恐れが極めて大きい」と問題視した。

石破氏は退位の立法と合わせて皇位継承の安定性を確保する法整備も必要だと指摘。「女系天皇の可能性も追求し、早急に解を求めるべきだ」と主張した。自民党は31日までに書面による意見提出を求めていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン